ランス写真集・シャンパーニュ(撮影数100):ヨーロッパシリーズ18

ランスは、フランス北部シャンパーニュ地方最大の都市で、面積約47平方キロメートル、人口は約18万人です。パリから列車で東へわずか45分という近さにあり、日帰り観光も可能なため、年間を通じて世界中から多くの観光客が訪れています。
ランスには、かつてフランス国王の戴冠式が行われたノートルダム大聖堂をはじめ、数多くの歴史的建造物があります。中でもノートルダム大聖堂、サン・レミ旧大修道院、そしてトー宮殿の三つが世界遺産に登録されています。
また、ランスはシャンパーニュ地方を代表するシャンパンの産地で、ポメリーやヴーヴ・クリコ、G.H.マムといった世界的に有名な大手シャンパン・メゾンや中小のメゾンが多数あり、そのカーヴを見学することができます。
写真集では、歴史的建造物や街の様子を中心に編集しました。また、美しい紅葉が見られる秋のランスも印象的で、100枚の中に加えてみました。
使用カメラ:Nikon COOLPIX P340 Panasonic DMC-FP1(4枚)